◆無事、退院できました

 

こんにちは、弁理士の中澤昭彦です。

いつもお世話になっております。

 

このたびは、大切なクライアント様にご迷惑をおかけしまして、申し訳ございませんでした。

心よりお詫び申し上げます。

 

おかげさまで、大病にもかかわらず、後遺症もなく無事退院して仕事復帰できました。

 

いままで救急車で搬送されたり、手術したり、入院したことが一度もなく、それが油断を生じました。

 

あまりにも急のため、クライアント様への対応が十分できませんでした。

 

本当にごめんなさい。

 

今回、手術や入院するほどの大病になった原因は、過労と虫歯でした。過労によって免疫力が低下した状態で虫歯の菌が心臓に悪さをしたというのが主治医の見解でした。

 

また、体内には大きな血栓があり、もし、その血栓が脳にいって血管を詰まらせたら脳梗塞を起こしていた可能性があったそうです。

 

しかし、幸いにも山梨県立中央病院で、心臓の手術、抗菌薬の点滴それに虫歯の治療を迅速に行った結果、元気に回復しました。

 

なぜ横浜の私が山梨かというと、実家が山梨だったことと、その病院関係者に親戚の友人がいたためです。

 

入院中、クライアント様にご迷惑がかからないように、対応期間の延長など、特許庁や弁理士会に何度も連絡をとりました。

 

手元にパソコンやスマホはあったのですが、病院内ということもあり、電波状態が不安定で、インターネットに接続できず、メールを閲覧することが困難でした。

 

しかたなく、比較的よく繋がった昔の携帯電話(ガラケー)とメモ用紙を用いて対応していました。

 

今回の反省を踏まえ、健康には一層気をくばるとともに、緊急事態にも迅速に対応できるようにしたいと思っています。

 

私には、まだまだやることが沢山あります。

 

これからも弁理士として現役で頑張る所存ですので、どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

最後に・・・「歯は命」ですね、